コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホルツィウス Hendrick Goltzius

1件 の用語解説(ホルツィウスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホルツィウス【Hendrick Goltzius】

1558‐1618
オランダの版画家,素描家,画家。フェンロVenlo近郊に生まれ,人文主義思想家としても知られる版画家コールンヘルトD.V.Coornhertに師事したのち,1577年ハールレムに移住。初期にはスプランヘルの影響の強い銅版画・素描を数多く制作し,友人ファン・マンデル,コルネリスゾーンC.Cornelisz.とともにハールレムを北方マニエリスムの一大中心地とする。90‐91年のイタリア旅行ラファエロの芸術に開眼し,帰国後の作品は徐々に古典主義的傾向を強めていった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のホルツィウスの言及

【オランダ美術】より

…16世紀後半は宗教的・政治的動揺のため美術活動は全般的に不振で,聖像破壊運動によってこの時期に失われた作品も数多い。ようやく16世紀末になってハールレムがコルネリス・コルネリスゾーンCornelis Cornelisz.(1562‐1638),ホルツィウスらの優美で洗練された芸術によって北方マニエリスム最後の花を咲かせた。
[17世紀]
 スペインに対する長い戦いに耐えて独立を果たしたオランダは,政治的には共和制をとり,宗教的には聖像崇拝を否定するカルバン派の支配下にあったため,芸術は宮廷と教会という重要な注文者(パトロン)を失うことになった。…

【スプランヘル】より

…75年皇帝マクシミリアン2世にウィーンへ招聘され,81年プラハで皇帝ルドルフ2世の宮廷画家となり,同地で活躍した国際色豊かな画家たちにも大きな刺激を与える。ファン・マンデルはローマで彼を知り,その様式をハールレムに伝え,さらにH.ホルツィウスはその作品を多く銅版画化したため,スプランヘルは後期ネーデルラント・マニエリストたちにとって重要な存在となった。寓意や神話主題,とくに愛や誘惑の情景を得意とし,それらをダイナミックな構図,複雑な動きをもつ人物の姿態,デリケートな輝きをもつ宝石のような色彩によって表現した。…

【銅版画】より

…このような版画の普及はコルトの例のように,その表現力,再現力の拡充に基づいている。しかし,ハールレムのH.ホルツィウスはコルト流の線のうねりや肥瘠をさらに大きくし,線と線の間隔も広げる。その結果,刻線は再現のためというよりビュランのアクロバティックな曲線そのものの動きや交錯のおもしろさを表現する場合があり,弟子のマタムJacob Matham(1571‐1631),ミュレルJan Müller(1570ころ‐1625ころ),P.J.サーンレダムらに引き継がれた。…

※「ホルツィウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホルツィウスの関連キーワードオランダ語オランダ商館ホガースイギリスオランダ戦争エッシャーオランダ渡りダッチMCエッシャーオランダの犯罪旭正秀