コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Crataegus Crataegus

世界大百科事典内のCrataegusの言及

【サンザシ】より

…中国原産で,庭木として栽植されるバラ科の落葉低木。高さは1~1.5mで,多くの枝を出し,新枝は有毛でとげがある。葉は広倒卵形から楕円状長卵形で,上部で浅~深3裂することが多く,葉縁には鈍鋸歯がある。春に新葉が展開するとともに,枝の先に散房状に数花をつける。花は5弁,白色で,直径は約2cmである。秋に熟す果実は球形で,直径約1.5cm,通常紅熟し,山楂(さんざ)と呼ばれ,薬用とされて利尿,通経に効きめがあるとされる。…

【ピラカンサ】より

…トキワサンザシ属Pyracanthaはヨーロッパ東南部からアジアにかけて数種ある。シャリントウ属Cotoneaster(コトネアスター)やサンザシ属Crataegusに近縁で,とげのあることや果実の形質によって区別される。花だけでなく果実も美しいので,切花や生垣に多く利用される。…

※「Crataegus」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Crataegusの関連キーワード西洋山樝子大実山樝子ピラカンサ赤実山樝子黒味山樝子蝦夷山樝子山査子山樝子山楂子山樝

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android