コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Dahnā' Dahna

世界大百科事典内のDahnā'の言及

【アラビア半島】より

…そのため広く砂漠に覆われ,特に南部のルブー・アルハーリー砂漠はサハラ砂漠なみの超乾燥気候下にある。そのほか北部のナフード砂漠,中部のダフナーDahnā’砂漠も著名である。乾燥気候下でもときに一時的な豪雨がみられるが,その際に地表に刻まれるワーディー(涸(か)れ川,水無し川)の河谷は,乾燥気候と結びついた独特の地形で,それは古来自然の交通路となっている。…

※「Dahnā'」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android