Deutschenspiegel

世界大百科事典内のDeutschenspiegelの言及

【ザクセンシュピーゲル】より

…また,高地ドイツ語,オランダ語,ポーランド語などにも翻訳されただけでなく,マクデブルク都市法を通じて東欧の諸都市にも大きな影響を与えた。さらに,本書の高地ドイツ語訳がもととなって,〈ドイチェンシュピーゲルDeutschenspiegel〉〈シュワーベンシュピーゲル〉が編まれたところから,ドイツにおける法書の歴史はザクセンシュピーゲルの影響の歴史であると言われるほどである。本書に記録されている法は,かつては純粋に〈ゲルマン的〉な〈慣習法〉と考えられたが,近時,成立の機縁,内容(特に〈平和〉に関する諸規定),普及の法源論上の根拠等について,教会法・ローマ法の影響が注目されている。…

※「Deutschenspiegel」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android