コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザクセンシュピーゲル

百科事典マイペディアの解説

ザクセンシュピーゲル

ドイツ中世の代表的な法律書。1221年―1235年にザクセンの騎士で参審員のアイケ・フォン・レプゴウEike von Repgow〔1180ころ-1235以後〕が作成。
→関連項目選帝侯

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ザクセンシュピーゲル【Sachsenspiegel】

ドイツ中世の最も重要な法書(私人の著した法の記録)。1221‐35年に,ザクセンの騎士で参審員でもあったレプゴウEike von Repgow(1180ころ‐1235以後)によって著され,〈ラント法〉3巻と〈封建法(レーン法)〉1巻から成る。〈序詩〉によれば,はじめラテン語で書かれ,主君の懇望によってドイツ語に訳されたというが,現在残されている最古の版は中世低地ドイツ語のものである。成立後まもなく,ザクセンを中心とする北ドイツ一帯に急速に普及して,14~15世紀には〈法典〉に匹敵する権威を獲得し,近世の〈普通ザクセン法〉の基礎となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザクセンシュピーゲル
ざくせんしゅぴーげる
Sachsenspiegelドイツ語

ドイツ最古の法書で、ザクセン生まれの騎士アイケ・フォン・レプゴーEike von Repgow(1180ころ―1233以後)が各地の裁判所で参審員として活動した経験を基にザクセン地方の慣習法を成文化したもの。最初はラテン語で書かれたが、のち中世ドイツ語に書き改められ、後者が現存している。1215年から35年までの間に成立したと推定される。普通法(ラント法)と封建法(レーン法)の2部からなり、『ドイッチェンシュピーゲル』『シュワーベンシュピーゲル』など南ドイツの法書も本法書に倣って編纂(へんさん)された。法書とは私人の編纂になるものであるが、法典と同様に取り扱われた。『ザクセンシュピーゲル』も、翻訳本や絵解き本などとして普及し、ドイツのみでなく、ロシアやポーランド、ハンガリーなどにも影響を与え、封建制度研究の重要な史料である。[平城照介]
『久保正幡・石川武・直居淳訳『ザクセンシュピーゲル・ラント法』(1977・弘文堂)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のザクセンシュピーゲルの言及

【盗賊】より

…なぜなら,相手のすきをねらってこっそり財産権を侵害するから,著しく社会正義に反するとみなされたからである。アングロ・サクソン法では,盗みの初犯は片方の耳そぎ,二犯はもう一方の耳そぎ,三犯になると〈切り落とす耳がないので〉絞首刑であったし,中世ドイツの法書《ザクセンシュピーゲル》でも3シリング(牧羊犬,イノシシ,1歳豚各1頭に相当)以上の窃盗は絞首刑であった。 近世社会になると,〈暴力犯から窃盗犯へ〉というシェーマが示すとおり,犯罪量の分布に顕著な違いがみられるようになる。…

※「ザクセンシュピーゲル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ザクセンシュピーゲルの関連キーワードシュワーベン・シュピーゲルドイッチェン・シュピーゲル選挙王制久保正幡授封強制石川武