Dolmabahçe Sarayı(英語表記)DolmabahceSarayi

世界大百科事典内のDolmabahçe Sarayıの言及

【イスタンブール】より


[西欧化と都市の変貌]
 18世紀以後,とりわけ〈チューリップ時代〉にはルイ15世治下のフランス文化が流入し,建築,服飾,絵画,音楽などの各分野にロココ風の様式が現れ,ヌール・オスマニエNuruosmaniyeモスク(1755完成)にその粋がみられた。1853年にボスポラス海峡沿いにバロック様式を模したドルマバフチェ新宮殿Dolmabahçe Sarayıが完成すると,宮廷はそこに移った。西ヨーロッパ諸国との貿易が拡大すると,ビザンティン時代以来外国人商人の居留地として知られていたガラタGalata地区が発展し,その隣のベイオウルBeyoğlu地区ともども新しい商業・文化の中心となり,モスクの光塔(ミナレminare,ミナレット)の林立する旧市街と好対照をなした。…

※「Dolmabahçe Sarayı」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android