コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Draparnaldiopsis Draparnaldiopsis

世界大百科事典内のDraparnaldiopsisの言及

【ツルギミドロ】より

…生殖には遊走子による無性生殖と雌雄の動配偶子による有性生殖が知られる。淡水産の近縁の属ツルギミドロモドキ属Draparnaldiopsisは大型と小型の細胞が交互に連結して主軸ができていること,スティゲオクロニウム属Stigeocloniumは主軸と側枝の区別がやや不明りょうであること,トゲナシツルギ属Claniophoraは枝の先端が刺毛状にならないことで,それぞれ区別される。【千原 光雄】。…

※「Draparnaldiopsis」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android