コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ECダンピング関税 イーシーダンピングかんぜいdumping duties

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ECダンピング関税
イーシーダンピングかんぜい
dumping duties

ダンピングと認定された外国製品に対して掛けられる関税。 1987年6月に規約改正され,完成品ばかりでなく,EC内で生産されている製品の部品についても適用されることとなった。これは部品の多くを EC外から安く輸入して EC内で組み立てるという,いわゆるスクリュー・ドライバー・オペレーションを防止するためである。この結果日本企業に 16のダンピング税が掛けられることになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ECダンピング関税の関連キーワードダンピング

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android