Eastern Nilotic(英語表記)EasternNilotic

世界大百科事典内のEastern Niloticの言及

【東スーダン諸語】より

…スーダンのナイル川流域とコルドファンにおけるヌビア語Nubianの多くの方言,ダールフール・ワダイ地方のタマ語,マラリット語,ダジュ語,ウガンダのテウソ語など,さらにはナイル言語群(ナイロート語群)Niloticと呼ばれる多数の言語が含まれる。 ナイル言語群のうち,(1)西ナイル言語群Western Niloticには,白ナイル川流域のスーダン,エチオピアのディンカ語,ヌエル語,シッルク語,ウガンダに入ってアチョリ語などのほか,ケニアにルオ語があり,(2)東ナイル言語群Eastern Niloticには,スーダン,ウガンダのカクワ語,ケニアのカラモジョン語,トゥルカナ語,テソ語,ケニアからタンザニアにまで及ぶマサイ語など,(3)南ナイル言語群Southern Niloticには,ケニアのナンディ語の多くの方言,タンザニアのタトーガ語などが含まれる。【松下 周二】。…

※「Eastern Nilotic」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android