コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Emecheta,B. EmechetaB

世界大百科事典内のEmecheta,B.の言及

【アフリカ文学】より

…だが,グギが《拘禁――一作家の獄中記》(1981)で,アーマが《二千の季節》(1973),《療術師たち》(1978)で試みたような民衆史再定義の動きは,うっ屈した現状の歴史的根源をとらえ直し,これまでのアフリカ史観に根本的変換を迫るもので,アフリカ文学の新たな方向がすでに切り拓かれつつあるのは明るい兆しである。なお,女流作家としてサザランドEfua Sutherland(1924‐ ),オゴトGrace Ogot(1930‐ ),ヌワパFlora Nwapa(1931‐93),ヘッドBessie Head(1937‐86),アイドゥAma Ata Aidoo(1942‐ ),エメチェタBuchi Emecheta(1945‐ )らがいるほか,児童文学の出版も盛んになってきた。【宮本 正興】。…

※「Emecheta,B.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Emecheta,B.の関連キーワードアフリカ文学

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android