Ephippianthus

世界大百科事典内のEphippianthusの言及

【ハコネラン】より

…冷温帯の林床にややまれに見いだされる小型の地生ラン。和名は,最初の発見地,箱根山にちなむ。根茎は細長く伸長する。地表近くに,長さ1.5~3cmの楕円形の葉を1枚展開する。6月ころ,8~15cmの細い花茎の先に,数個の花をまばらにつける。花は淡黄緑色,径1cm弱。唇弁には中央部から基部にかけて細かい鋸歯がある。花粉塊は蠟質で4個。蕊柱(ずいちゆう)には左右に突起がある。日本特産種で,関東,近畿の太平洋側の山地に分布し,おもにブナ帯の林床に生育する。…

※「Ephippianthus」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android