コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハコネラン Ephippianthus sawadanus (F.Maek.) Ohwi

世界大百科事典 第2版の解説

ハコネラン【Ephippianthus sawadanus (F.Maek.) Ohwi】

冷温帯の林床にややまれに見いだされる小型の地生ラン。和名は,最初の発見地,箱根山にちなむ。根茎は細長く伸長する。地表近くに,長さ1.5~3cmの楕円形の葉を1枚展開する。6月ころ,8~15cmの細い花茎の先に,数個の花をまばらにつける。花は淡黄緑色,径1cm弱。唇弁には中央部から基部にかけて細かい鋸歯がある。花粉塊は蠟質で4個。蕊柱(ずいちゆう)には左右に突起がある。日本特産種で,関東,近畿の太平洋側の山地に分布し,おもにブナ帯の林床に生育する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハコネランの関連キーワードコイチヨウラン富士山冷温帯

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android