Epiphronitis

世界大百科事典内のEpiphronitisの言及

【エピデンドルム】より

…種間交配はあまりなく,属間交配は多い。カトレア属との間にはエピカトレアEpicattleyaレリア属との間にはエピレリアEpilealia,ソフロニティス属との間にはエピフロニティスEpiphronitisなどが育成されている。越冬は7~8℃以上必要で,春から秋までは戸外の寒冷紗下で肥培する。…

【ソフロニティス】より

…とくにソフロニティス・コッキネアS.coccinea Reichb.f.は花が大きく鮮紅色であるために,カトレア属,レリア属などとの交配に多用され,すぐれた品種が多数育成されている。それらの属間交配品種には,ソフロカトレア属Sophrocattleya,ソフロレリア属Sophrolealia,ブラソフロニティス属Brassophronitisなどがあり,またエピデンドルム属との間にエピフロニティス属Epiphronitisも作出されている。 夏は夜間,涼しい所におき,弱光とし,肥培する。…

※「Epiphronitis」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android