コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エピデンドルム Epidendrum

世界大百科事典 第2版の解説

エピデンドルム【Epidendrum】

ギリシア語由来の学名,上に(epi)と木(dendron)からわかるように,着生のラン科植物。メキシコ,グアテマラ,ブラジル,コスタリカなどの中南米諸国に広く分布し,約1000種を含み,50種あまりが栽培される。日本では切花栽培しているエピデンドルム・ラディカンスE.radicans Pav.,鉢花としてのエピデンドルム・マリエE.marie Ames,エピデンドルム・コクレアトゥムE.cochleatum L.,エピデンドルム・プリスマトカルプムE.prismatocarpum Reichb.f.などをみかける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エピデンドルムの関連キーワードソフロニティスラン(蘭)カトレア

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android