コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Eriocaulon Eriocaulon

世界大百科事典内のEriocaulonの言及

【ホシクサ】より

…湿地や水田にはえるホシクサ科の一年草(イラスト)。葉は線形で長さ3~8cm,根際から多数束生し,しばしば沈水状態にある。8~9月に多数の花茎を伸ばし,先端に1個ずつ白色の頭花をつける。和名は頭花を星にみたてたものである。頭花は卵状球形で径約4mm。総苞片は花より短い。少数の雄花と多数の雌花がある。いずれも長さ1.5~2mm。雄花では3枚の外花被が先端だけを残して苞状に合着し,花冠を抱く。花冠は筒状に合着した3枚の内花被からなり,中央に6本のおしべがある。…

※「Eriocaulon」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Eriocaulonの関連キーワードホシクサ科