コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Erysiphaceae Erysiphaceae

世界大百科事典内のErysiphaceaeの言及

【うどんこ病】より

…防除薬剤としては硫黄剤がよい。【寺中 理明】
[ウドンコカビ]
 子囊菌類,核菌類,ウドンコカビ科(ウドンコキン科,ウドンコビョウキン科ともいう)Erysiphaceaeを構成する一群のカビ。菌糸は葉の表面にのびてこぶ状の付着器でつき,そこから小枝を表面細胞内にさしこみ養分を吸収する。…

※「Erysiphaceae」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Erysiphaceaeの関連キーワードウドンコビョウキン

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android