コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うどんこ病 うどんこびょうpowdery mildew

2件 の用語解説(うどんこ病の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

うどんこびょう【うどんこ病 powdery mildew】

植物の葉や若い枝に,白い粉をまぶしたような症状を呈する病気。白渋病ともいう。オオムギコムギキュウリイチゴ,バラ,マサキ,カシなど多くの作物・樹木のほか,オオバコアキノノゲシなど雑草にも発生が見られるそれぞれの植物を侵すうどんこ病菌(ウドンコカビともいう)は別種であって,1種類の菌としては寄生範囲は狭い。うどんこ病が盛んにまんえんする時期には分生子によって空気伝染し,越冬・越夏には菌糸や子囊殻が働く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

うどんこ病
うどんこびょう

白渋(しらしぶ)病ともいい、植物の葉や茎の表面にうどん粉をまいたように白いカビを生ずる病気で、子嚢(しのう)菌類に属するウドンコキン科のカビの寄生によっておこる。葉や茎の表面の白い粉状物は病原菌の菌糸および分生胞子で、大部分の菌糸は植物の組織の内部に侵入せず表面にまといついていて、吸器という特殊な器官を宿主の表皮細胞に入れて栄養をとる。生きている植物だけから養分をとり生育し、人工培養はできない。古くなると白色の病斑(びょうはん)は灰色に変わり、ところどころに0.1~0.2ミリメートル大の黒い小粒がみられるようになる。この黒い粒は有性生殖器官の子嚢殻で、内部に多くの子嚢を生ずる。
 形成される子嚢の数および子嚢殻の外部にみられる付属糸の形により種の分類がなされ、属によって寄生する植物の種類も異なる。おもな属にはエリシフェErysiphe(ムギ類、マメ類、ナス、キクなどに寄生する)、スフェロテカSphaerotheca(ウリ類、アズキ、バラ、コスモス、ヒャクニチソウなど)、ミクロスファエラMicrosphaera(シイノキなど)、ウンシヌラUncinula(ブドウ、クワ、サルスベリなど)、ポドスフェラPodosphaera(リンゴ、モモなど)、フィラクティニアPhyllactinia(カキ、クリなど)、レバイルラLeveillula(ピーマンなど)などがある。これらの属は、胞子の形や寄生性などによって、それぞれいくつかの種に分けられるが、種によってウリ類、マメ類など広い範囲に寄生するもの、限られた一、二の植物だけに寄生するものなどがある。
 伝染は、白い病斑上に無性的に生ずる分生胞子によって行われる。分生胞子は無色、楕円(だえん)形の単細胞で菌糸の上に鎖状に連なってできる。飛び散った胞子は、湿気があると発芽して植物を侵し広がる。一般に風通しの悪い畑、日陰、温室などに発生が多く、また、雨は少ないが湿度が高い天候が続くとよく発生する。
 防除法は、抵抗性品種を栽培し、剪定(せんてい)などによって通風をよくするほか、発病を認めた場合には薬剤を散布する。薬剤はDPC剤(「カラセン」)、キノキサリン系剤(「モレスタン」など)、イミノクダジンアシベル酸塩剤(「ベルクート」)、トリアジメキン剤(「バイレトン」)、トリフミゾール剤(「トリフミン」)、フェナリモル剤(「ルビゲン」)などのほか、硫黄(いおう)剤、炭酸水素ナトリウム剤などが有効である。[梶原敏宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

うどんこ病の関連情報