コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Euphilomedes japonica Euphilomedesjaponica

世界大百科事典内のEuphilomedes japonicaの言及

【ウミホタル(海蛍)】より

…近似のピロキプリス・ノクチルカPyrocypris noctilucaは体長2mmくらい,白色,殻の後方が強く突出しており,発光性。ウミホタルモドキEuphilomedes japonicaでは体長1.5~2.5mmくらい,殻の表面は一面あばた状,腹側の周縁に小剛毛を生じており,発光しない。同科にはほかにも多数の種類がある。…

※「Euphilomedes japonica」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android