コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミホタル ウミホタルVargula hilgendorfii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウミホタル
Vargula hilgendorfii

顎脚綱ミオドコピダ目ウミホタル科 Cypridinidaeの海産動物。体長約 3mmで,全体が卵形。半透明のキチン質の殻が体を左右から囲んでいる。殻の間から付属肢を出して活発に泳ぐ。刺激を受けると上唇腺から発光物質(ウミホタルルシフェリン)を出し,酵素(ルシフェラーゼ)の作用を受けて青紫色に光る(→生物発光)。乾燥して保存したウミホタルは,数十年後でも水をかけると光る。日本の太平洋岸の浅海砂泥底にすみ,昼間は砂にもぐっているが,夜間活動して死魚などに群がる。ウミホタル科には深海産の種も知られており,発光する種は 4種である。(→顎脚類甲殻類節足動物

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ウミホタル

ウミホタル科の甲殻類。2枚のキチン質でできた半透明の殻をもち,殻長8mm,体長3mmくらい。本体は殻の中に収まるがエビに似ている。夏〜秋に海岸近くに現れ,上唇(じょうしん)部から分泌された発光物質は海水に触れると青白く光る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウミホタル
うみほたる / 海蛍
[学]Valgura hilgendorfi

節足動物門甲殻綱ミオドコーパ目ウミホタル科の海産発光動物。黒潮に洗われる日本の沿岸に限産し、内湾の浅海にすむ。昼間は砂に潜り、夜間に泳ぎ出して死魚などをあさって食べる。体は卵円形の2枚の殻で包まれている。殻長約3ミリメートルで、殻は半透明の飴(あめ)色。腹側の前端部に触角刻とよばれる深いくぼみがあり、そこから触角が出ている。刺激を受けると上唇(じょうしん)にある分泌腺(せん)から発光物質を出し、それが水に触れると酸化して青緑色に発光する。これはルシフェリン‐ルシフェラーゼ反応とよばれる化学反応であるが、よく乾燥したウミホタルを何十年間も保存したあとでも、水をかけると美しく発光する。発光するウミホタル類は世界で4種知られているが、日本からは殻の後端がとがっているトガリウミホタルV. noctilucaも知られている。ウミホタルは魚の頭や内臓を使って集めることができるが、トガリウミホタルは海面を照らすと集まる。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ウミホタルの関連キーワード伊毘うずしお村海水浴場・オートキャンプ場光生物学(こうせいぶつがく)ウミホタル(海蛍)化学発光用色素カイミジンコ発光(生物)キンメモドキテンジクダイエクオリン発光生物発光魚下村脩貝形類海蛍

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウミホタルの関連情報