コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

FRTP エフアールティーピー FRTP

1件 の用語解説(FRTPの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エフ‐アール‐ティー‐ピー【FRTP】[fiberglass reinforced thermoplastic]

fiberglass reinforced thermoplastic熱可塑性樹脂を用いた繊維強化プラスチック

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のFRTPの言及

【強化プラスチック】より

…なお,熱硬化性樹脂のほか,ポリプロピレン,ABS樹脂,ナイロン,ポリブチレンテレフタレートのような熱可塑性樹脂にも,剛性向上,寸法安定性向上,熱変形温度向上のために5~50%のガラス繊維が補強される場合がある。FRTP(fiber reinforced thermoplasticの略)とも呼ばれ,近年電気部品,自動車部品によく用いられるようになってきた。 代表的な強化用繊維,強化プラスチックの特性をそれぞれ表1,表2に示す。…

【プラスチック系複合材料】より

…代表例は,繊維強化プラスチックfiber reinforced plastics(FRPと略称)で,ガラス繊維の長繊維,織布,短繊維等を不飽和ポリエステル樹脂やエポキシ樹脂などの熱硬化性樹脂で固めたガラス繊維強化熱硬化性プラスチックglass fiber reinforced plastics(GFRPと略称),同様にカーボン繊維を使った炭素繊維強化熱硬化性プラスチックcarbon fiber reinforced plastics(CFRPと略称)で,ともに比弾性率(弾性率/密度)や比強度(強度/密度)が高いことを利用して,軽量,高強度,高剛性が要求される宇宙航空材料,スポーツ用品等に幅広く普及しつつある。一方,マトリックス樹脂がポリプロピレン等の熱可塑性樹脂の場合は,おもに短繊維状のガラス繊維や炭素繊維を用いて射出成形し,これを繊維強化熱可塑性プラスチックfiber reinforced thermoplastics(FRTPと略称)と呼び,おもに機械部品等に金属代替として使用されつつある。さらに,カーボンブラックや炭酸カルシウム,磁性粉末等を分散させたプラスチックを粒子充てんプラスチックparticulate filled plastics(PFPと略称)と呼び,導電性,低燃焼エネルギー,電磁波吸収等の特殊目的のために開発されている。…

※「FRTP」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

FRTPの関連キーワード強化プラスチック

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

FRTPの関連情報