コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Freer,C.L. FreerCL

世界大百科事典内のFreer,C.L.の言及

【ジャポニスム】より

…その前半はボストンを中心とする日本美術の研究と収集活動であり,後半は主として太平洋岸〈北西派〉の創作活動に集約される。前者は明治初期から中期にかけて来日したE.S.モースフェノロサ,ビゲローWilliam S.Bigelow(1850‐1926),ラ・ファージ,フリーアCharles Lang Freer(1856‐1919)などによって推進された体系的研究と膨大な収集の形成および美術教育を特徴とし,その収集はボストン美術館やフリーア美術館の日本美術コレクションの基幹となった。これら一連の展開の陰には岡倉天心の活動があった。…

※「Freer,C.L.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Freer,C.L.の関連キーワードフリーア美術館フリーア美術館ベアト

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android