フリーア美術館(読み)フリーアびじゅつかん(英語表記)Freer Gallery of Art, Washington D. C.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリーア美術館
フリーアびじゅつかん
Freer Gallery of Art, Washington D. C.

アメリカ,ワシントン D.C.にある美術館。実業家チャールズ・ラング・フリーアが 1906年連邦政府に遺贈した東洋美術品をもとに,23年スミソニアン・インスティテューションの一施設として開館。中国や日本の各時代の書,絵画,青銅器,仏像,陶器,工芸品などを中心に,インド,中近東,エジプト,ギリシア美術や 19世紀のアメリカ絵画を収蔵する。特にホイッスラーが装飾した「孔雀の間」が名高い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

フリーア‐びじゅつかん〔‐ビジユツクワン〕【フリーア美術館】

Freer Gallery of Art》ワシントンにある美術館。スミソニアン協会に属する。1923年開館。実業家チャールズ=ラング=フリーアの収集品を中心とし、中国・朝鮮・日本・インドなど東洋の美術品を多数所蔵する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フリーア美術館
ふりーあびじゅつかん
Freer Gallery of Art

ワシントンにあり、東洋美術のコレクションにおける世界有数の美術館。アメリカ合衆国連邦政府が管理する総合的文化研究機関スミソニアン・インスティチューションに属す。デトロイトの実業家であったチャールズ・ラング・フリーアが1906年に収集品をスミソニアンに寄託し、東洋美術の作品を購入する基金を設立したことに始まる。彼の死後、作品はワシントンに移され、フィレンツェ・ルネサンス宮殿風の美術館が完成して、1923年から公開された。フリーア自身の四度にわたるアジア旅行などを通じ、日本、朝鮮、中国、インド、中近東の絵画、彫刻、工芸品が幅広く収集されている。日本美術には『地蔵菩薩(じぞうぼさつ)縁起絵巻』、俵屋(たわらや)宗達の『松島図屏風(びょうぶ)』などの名品がある。またフリーアと親交のあった画家ホイッスラーがイギリス実業家のためにデザインした「孔雀(くじゃく)の間」を館内に移築するなど、彼の1000点にのぼる作品を所蔵し、彼と同時代のアメリカの画家たちの作品も数室に掲げられている。[湊 典子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android