Gaddi,G.(英語表記)GaddiG

世界大百科事典内のGaddi,G.の言及

【ガッディ】より

…イタリアの画家。父ガッドGaddo,息子アニョロAgnolo Gaddi(?‐1396)もフィレンツェで活躍した画家。ジョットのもとで修業をし,永年師と協力して仕事をした。フィレンツェのサンタ・クローチェ教会内のバロンチェリ礼拝堂に連作《聖母子伝》(1338)を描き,師の様式を受け継ぐとともに,明暗効果や複雑な空間構成に新しさを見せるが,力強さを欠く。他にウフィツィ美術館の《聖母子》(1355)や,ピサのカンポサントのフレスコ《ヨブ伝》(1342)などをのこす。…

※「Gaddi,G.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android