コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Glochidion Glochidion

世界大百科事典内のGlochidionの言及

【カンコノキ】より

…暖地の海辺に生育するトウダイグサ科の落葉低木(イラスト)。高さ1~7mになる。和名は倒卵形の葉をかんこ舟(漁に使われた小舟)にみなしたものといわれ,転じてカッコウギともいう。雌雄異株で,7~10月ころ,小さな淡緑色の花を葉腋(ようえき)に数個つける。果実は,黄赤色の種子の入った扁球形の蒴果(さくか)。短枝の先はときにとげとなる。材は黒色で,櫛や印鑑などの材料として用いられ,コクタンノキとも呼ばれる。…

※「Glochidion」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Glochidionの関連キーワード餲餬木

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android