コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Himantornis haematopus Himantornishaematopus

世界大百科事典内のHimantornis haematopusの言及

【クイナ(秧鶏)】より

…食物はその生息環境によっても種によっても異なり,水生植物の茎や根,各種の水生の小動物,草や木の芽,種子,陸生の巻貝類,昆虫類などさまざまである。 アフリカ西部の森林に生息するもっとも原始的なクイナと考えられているアフリカアシクイナHimantornis haematopusは,樹洞に営巣し,雛はシギ・チドリ類の雛のように明暗のまだらのある黄褐色の綿羽に覆われている。他の大部分の種はよく繁茂する草地ややぶなどの地上に巣をつくり,一部の種は樹上数mの枝上に巣をつくる。…

※「Himantornis haematopus」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone