コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IrSS アイアールエスエスIrSS

デジタル大辞泉の解説

アイ‐アール‐エス‐エス【IrSS】[IrSimpleShot]

IrSimpleShot赤外線通信を利用した近距離データ通信の規格であるアイアールシンプルを簡略化したもの。送信側が一方的にデータを送る片方向通信を行う。アイアールシンプルショット。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

IrSSの関連キーワードワシントン(Henry Stephens Washington)シーアイピーダブリュウ分類法CIPW分類法(岩石)Irシンプルショットエジル輝石アプライトガラス質砕屑状組織オキシファイアグラノライトフェルガス岩ノルム分類法ハイウッド岩バミューダ岩Irシンプルションキン岩石質凝灰岩結晶凝灰岩ミズーリ岩カスケド岩膨張組織無整合

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android