コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤外線通信 せきがいせんつうしん

IT用語がわかる辞典の解説

せきがいせんつうしん【赤外線通信】

赤外線による無線通信の総称。テレビやAV機器のリモコンに使われるほか、パソコンや携帯電話、PDAなどのデータ通信に用いられる。リモコンには共通規格はないが、データ通信にはIrDAという規格が普及している。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

赤外線通信の関連キーワードGalapagos smartphoneシリアル・インターフェースダイレクトプリントIrSimpleIrTranIrDAポートプリントビーム赤外線デバイスバンダイ(株)IrCOMMIRTalkIrシンプルASK方式IrBusUPF形式VFIRIrSS近赤外線ガラホビーム

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android