コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤外線通信 せきがいせんつうしん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

赤外線通信

赤外線を利用して信号を送受信して行う無線通信のこと。近距離でしか通信を行えないが、消費電力が少なくて済み、端末を小型化できるという利点がある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

せきがいせんつうしん【赤外線通信】

赤外線による無線通信の総称。テレビやAV機器のリモコンに使われるほか、パソコンや携帯電話、PDAなどのデータ通信に用いられる。リモコンには共通規格はないが、データ通信にはIrDAという規格が普及している。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤外線通信
せきがいせんつうしん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

赤外線通信の関連キーワードGalapagos smartphoneシリアル・インターフェースダイレクトプリントIrTranIrSimple赤外線デバイスIrDAポートバンダイ(株)プリントビームIRTalkIrシンプルIrCOMMASK方式IrBusUPF形式IrSSVFIR近赤外線ガラホビーム

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android