コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Kaimur

世界大百科事典内のKaimurの言及

【ビンディヤ[山脈]】より

…北側はマールワ台地に向かって低下し,そこをガンガー(ガンジス)川水系のチャンバル,ベトワ,ケン,ソーンなどの大河川が北流する。東部はカイムルKaimur山地として知られ,ワーラーナシー市近くでガンガー平原に消える。この山脈を構成するのは先カンブリア時代の砂岩層であり,結晶質岩石類の上にほぼ水平に横たわるので,同山脈の地形は平たんな山稜と階段状斜面からなる。…

※「Kaimur」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報