コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Kaiser Kaiser

翻訳|Kaiser

世界大百科事典内のKaiserの言及

【皇帝】より

…(2)caesarは本来ラテン語の家名でありながら,アウグストゥス以来皇帝を意味する称号となった。ここから,ゲルマン語では,たとえば現代ドイツ語のカイザーKaiserが,スラブ語でも,たとえば現代ロシア語のツァーリtsar’が生まれた。tsar’称号もまた,imperator称号と同じく中世でビザンティン帝国のbasileus称号と等置されたが,そのtsar’称号を,920年代にはブルガリア人シメオン1世が(先行ブルガリア人支配者の称号khan=汗にかわって),1346年の戴冠式にはセルビア人ステファン・ドゥシャンが(kralj称号にかえて),1547年の戴冠式にはロシア人イワン4世が(先行支配者たちが最初に帯びていたknyaz’(公)称号,のちに帯びるようになったvelikii knyaz’(大公)称号の代りに),それぞれとなえたのは,いずれも,ビザンティン帝国の標榜する世界皇帝理念に対するみずからの態度表明としてであった。…

※「Kaiser」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Kaiserの関連キーワードカイザー・ヴィルヘルム・デア・グローセカイザー・カール・デア・グローセカイザーウィルヘルム記念教会シュワーベン・シュピーゲルカイザー・フリードリヒ3世カイザー・ヴィルヘルム2世ヴュルツブルクのレジデンツウィルヘルム皇帝記念教会カイザー・バルバロッサノルト・オストゼー運河カイザー マーシャルカイザーブルク城ゴルトシュミットギーゼブレヒトモントハルデ岩基本カテゴリーガウスベルク岩イタリア政策グメーリーンベルガライト

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Kaiserの関連情報