コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Kawalerowicz,J. KawalerowiczJ

世界大百科事典内のKawalerowicz,J.の言及

【ポーランド映画】より

… 戦後,45年に製作・配給の全権が国家代行機関である〈フィルム・ポルスキFilm Polski〉に移されて映画が国有化され,強制収容所の残虐と悲惨を描いたヤクボフスカの《アウシュウィッツの女囚》(1948),ナチスに対するゲットーの暴動を描いたフォルドの《境界の街》(1948)といった注目すべき作品がつくられた。1940年代の終りから50年代の初めにかけては,映画行政に〈社会主義リアリズム〉の押しつけというかたちで教条主義的な弊害があらわれたが,フォルドの《ショパンの青春》(1952)やイェジー・カワレロウィッチJerzy Kawalerowiczの《フリジアの星の下に》(1954)などは例外であった。 55年,一種の独立プロダクション・システムともいうべき映画芸術家たちの独立した創造集団である六つの〈映画製作ユニット〉が創設され,そこからポーランド映画を世界的に注目させた若い世代の作家たちが出現した。…

※「Kawalerowicz,J.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone