コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポーランド映画 ポーランドえいが

2件 の用語解説(ポーランド映画の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ポーランドえいが【ポーランド映画】

ポーランドにおける映画の製作は,カジミエシュ・プロシンスキKazimierz Proszynskiという若い技術者が3年がかりで〈プレオグラフ〉と呼ぶカメラを設計し,1902年に短編劇映画をつくり始めたのが始まりである。しかし,当時のポーランドは経済的に貧しく,政治的に隷属国であったため,フランスのパテー映画をはじめとする外国に対抗できず,映画製作は遅々として発展しなかった。それが08年ころから軌道に乗り始めて10年以後に活況を呈したのは,のちにハリウッドポーラネグリPola Negriとして知られた新しいスターバーバラアポロニア・カルペッツ(以下,固有名詞の表記は,映画人のポーランド国外での活躍などの事情もあり,しばしば映画界での慣用による)の人気によるところ大であったといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ポーランド映画の関連キーワードランドスケープモードブランド・ポートフォリオ前衛映画ポーランド回廊ポーランド語ポーランド分割カジミェシュカジミェシュドルニー聖カジミエル教会阪東宏

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポーランド映画の関連情報