一粒万倍日(読み)いちりゅうまんばいび

百科事典マイペディア「一粒万倍日」の解説

一粒万倍日【いちりゅうまんばいび】

一粒の種子をまけば万倍になって実るという意味から,種まき貸付け,仕入れ,投資などを行えば利益が多いとされる日。正月(うし),(うま)の日,2月は(とら),(とり)の日というように月によって違い,の上の吉凶の日とは一致しない場合がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「一粒万倍日」の解説

いちりゅうまんばい‐び イチリフマンバイ‥【一粒万倍日】

〘名〙 一粒が万倍となって実るという吉日開店金貸しなど、事を始めるのに良い日とされ、借金をするのに悪い日とされる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android