一粒万倍日(読み)いちりゅうまんばいび

百科事典マイペディアの解説

一粒万倍日【いちりゅうまんばいび】

一粒の種子をまけば万倍になって実るという意味から,種まき貸付け,仕入れ,投資などを行えば利益が多いとされる日。正月(うし),(うま)の日,2月は(とら),(とり)の日というように月によって違い,の上の吉凶の日とは一致しない場合がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いちりゅうまんばい‐び イチリフマンバイ‥【一粒万倍日】

〘名〙 一粒が万倍となって実るという吉日。開店や金貸しなど、事を始めるのに良い日とされ、借金をするのに悪い日とされる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる