コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一粒万倍日 いちりゅうまんばいび

百科事典マイペディアの解説

一粒万倍日【いちりゅうまんばいび】

一粒の種子をまけば万倍になって実るという意味から,種まき貸付け仕入れ,投資などを行えば利益が多いとされる日。正月は(うし),(うま)の日,2月は(とら),(とり)の日というように月によって違い,暦の上の吉凶の日とは一致しない場合がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

一粒万倍日の関連キーワード一粒

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android