コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Kohl,H. KohlH

世界大百科事典内のKohl,H.の言及

【キリスト教民主・社会同盟】より

…50年代を通じ,さらに60年代の初めまで,CDU/CSUを指導したのは首相兼CDU党首のアデナウアーであり,この時代に西ドイツの西欧統合,再軍備,NATO並びにEEC(後にEC,EU)加盟が実現する。69年,社会民主党・自由民主党の連立によって,初めて野に下ったCDU/CSUは,82年10月,コールHelmut Kohl(1930‐ )(CDU党首)政権の成立によって,再び与党となった。戦前のバイエルン国民党の影響を受け,さまざまな保守の潮流を統合したCSUは,党首シュトラウスFranz Josef Strauss(1915‐88)(1961年から。…

※「Kohl,H.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Kohl,H.の関連キーワード交通地理学メルケルワイツゼッカー(Richard von Weizsäcker)ハーバート コール

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android