コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Kosior,S.V. KosiorSV

世界大百科事典内のKosior,S.V.の言及

【大粛清】より

… これら一連の裁判による旧反対派指導者への見世物裁判とならんで,スターリンに忠実な党員もテロル支配の犠牲となった。その中には,ポスティシェフPavel P.Postyshev(1887‐1939),コシオールStanislav V.Kosior(1889‐1939),ルズタークYan E.Rudzutak(1887‐1938)らのように,20年代の反対派批判や集団化においてスターリンに忠実であった党幹部や,バレイキスIosif M.Vareikis(1894‐1939),シェボルダエフBoris P.Sheboldaev(1895‐1937)ら地方党組織の有力幹部が含まれており,第17回党大会の139人の中央委員・同候補中98人が37‐38年に銃殺されたと,フルシチョフは第20回党大会(1956)で暴露している。さらには〈人民の敵〉とされた者の家族も収容所送りとなった。…

※「Kosior,S.V.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone