コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Kunstkammer Kunstkammer

世界大百科事典内のKunstkammerの言及

【美術館】より

…その他,スペイン王フェリペ2世,プラハに宮廷をおいた神聖ローマ皇帝ルドルフ2世なども巨大な富と権力を背景に注目すべきコレクションを築き,その中からそれぞれ今日のプラド美術館,ウィーン美術史美術館に入った作品も少なくない。 17世紀バロック時代にとくにドイツの諸侯がつくったいわゆる〈クンストカンマーKunstkammer〉や〈ブンダーカンマーWunderkammer〉は,〈宝物殿〉あるいは〈珍品室〉とも訳すべきもので,狭義の美術品だけでなく,珍しい貝殻,サンゴ,宝石,科学器械などを集めたものであったが,これもまた今日の美術館,博物館の原型の一つと見ることができる。これらいわば趣味的なコレクションに対し,フランスのルイ13世および14世,イギリスのチャールズ1世,教皇ウルバヌス8世などは,国家(またはローマ・カトリック)の威光を高めるために美術品を集め,また同時代の芸術家に制作を依頼している。…

※「Kunstkammer」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android