コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Lallemand,A. LallemandA

世界大百科事典内のLallemand,A.の言及

【エレクトロノグラフ】より

…微弱な天体の直接像やスペクトルなどの二次元画像検出を効率よく行う目的で,1936年にフランスのラルマンA.Lallemandにより提唱され,50年代には実際の天体観測に使われるようになった装置。その原理は天体画像を光電面に結像させ光電子に変換して電子像を作り,これを原子核乾板を用いて検出しようとするものである。…

※「Lallemand,A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Lallemand,A.の関連キーワードエレクトロノグラフプッサンラ・イール

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android