コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エレクトロノグラフ

百科事典マイペディアの解説

エレクトロノグラフ

光の微弱な天体の直接像やスペクトルなどの二次元画像検出を行うための装置。天体画像を光電面に結像させ,光電子に変換して電子像を得る。初期には電子像を写真乾板で検出したが,現在は固体撮像素子を使うものが主。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エレクトロノグラフ【electronograph】

微弱な天体の直接像やスペクトルなどの二次元画像検出を効率よく行う目的で,1936年にフランスのラルマンA.Lallemandにより提唱され,50年代には実際の天体観測に使われるようになった装置。その原理は天体画像を光電面に結像させ光電子に変換して電子像を作り,これを原子核乾板を用いて検出しようとするものである。従来の写真乾板を直接用いた場合の量子収量は0.1%程度ときわめて低いが,この方法では光電面の量子収量が数十%にも達するため100倍以上も効率がよくなり,暗い天体の観測に新しい道を開いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android