コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Logo ろご

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Logo

1967年、米マサチューセッツ工科大学のSeymour A.Papert氏がLispをベースに開発した、子供のためのプログラミング言語。画面上に表示される亀(タートル)に命令を与えて絵を描く手法を用いることで、子供が楽しみながらプログラムの概念を理解することを目的としていた。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

世界大百科事典内のLogoの言及

【CAI】より

… 次に,伝統的CAIと呼ばれるタイプのシステムの開発が1960年代から70年代にかけて進んだ。PLATO III,IVやLOGO等に代表されるような多くのシステムが開発された。 一方で,カーボネルJ.CarbonellによってSCHOLARが1970年に発表され,それ以降,人工知能研究の発展を背景に知的CAI(ITS(Intelligent Tutoring System)とも呼ばれる)の研究が盛んになってきた。…

【プログラミング言語】より

…これに対し,オブジェクト指向データベースではC++やSmalltalk-80などのオブジェクト指向言語がそのままデータベース問合せ/操作言語として使われ,それらが扱うオブジェクトの一部が永続的なオブジェクトとして保存されデータを保持するという形をとる。Logo子供の教育や活動にコンピューターを採り入れることの可能性を探るため,子供でも簡単にプログラミングが可能な簡潔な言語として開発された。タートルグラフィックスと呼ぶ,簡単で分かりやすいグラフィックス機能を装備していることもあり,教育用としては現在もある程度使われている。…

※「Logo」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Logoの関連キーワードSPECULAR LogoMotionVI(ビジュアル・アイデンティティ)シュタイン 限定シャープペンシルcorporate colourカザーレ・モンフェッラートブランド・アイデンティティWindowsロゴテストシメオン[テッサロニカ]ロゴスコーポレーションロゴイスク・クレーターWindowsロゴキー金雲母(データノート)日本音声言語医学会logotype世界・炎の博覧会.RLEファイルTRICK〈2〉ポセイドニオスライセンス供与パッラビチーノ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Logoの関連情報