コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Luppis,G. LuppisG

世界大百科事典内のLuppis,G.の言及

【魚雷】より

…爆薬を搭載した無人の水中航走体で,水中爆発により艦船を破壊する兵器。1864年オーストリアの海軍士官ルピスGiovanni Luppisが考案し,66年にイギリス人技師R.ホワイトヘッドが試作に成功,78年の露土戦争ではロシア軍の魚雷が汽船を撃沈している。魚雷発射管を搭載した水雷艇は1877年に登場,その脅威が増すとともに93年にはこれを排除する駆逐艦が生まれるなど,各国海軍の編成や用法にも影響を及ぼした。…

※「Luppis,G.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Luppis,G.の関連キーワード魚雷魚雷

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android