コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚雷 ぎょらいtorpedo

翻訳|torpedo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

魚雷
ぎょらい
torpedo

かつては魚形水雷と呼ばれた。水上艦艇潜水艦,あるいは航空機から発射され,水中を自走する葉巻形の兵器。縦の針路 (深度) は水圧と前後傾斜に感応する深度器,横方向の針路はジャイロスコープをセンサーとする,予調式の水中ミサイルの一種といえる。第2次世界大戦中からは発射後,みずからこれを修正して目標を追跡するものが出現した (→ホーミング魚雷 ) 。艦艇の喫水線以下に命中するので,破壊力が大きい。直径 25~60cm,長さ2~8m,重量 100~2000kg,速力数十 kn,潜水深度数百mにわたる各種のものがある。語源は,アメリカの発明家 R.フルトンがナポレオン戦争中,水中機雷を実験し,魚に似ていたので torpedo (シビレエイ) と名づけたことによる。 1866年にイギリスの R.ホワイトヘッドが,世界最初の近代的な自走魚雷を完成。これは長さ 4m,直径 36cm,重量 136kgで,6knの速力で最大 640mの射程をもっていた。その後,各国海軍はホワイトヘッドの魚雷を基礎として多くの改良を加えた。旧日本海軍の魚雷の研究は,84年にオーストリア海軍から初めて魚雷を購入したのに始り,91年に最初の国産魚雷が完成。なお,第2次世界大戦中のアメリカ海軍のマーク 15型魚雷は,長さ 7m,直径 53cm,重量 1588kg,272kgの爆薬を装填し,蒸気の力で自走した。また大戦中,最も威力があったのは,日本海軍が開発し使用した酸素魚雷 (→九五式魚雷 , 九三式魚雷 ) であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎょ‐らい【魚雷】

《「魚形水雷」の略》海戦兵器の一。艦艇や航空機から発射し、水中を自走して敵艦船を撃沈させるもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

魚雷【ぎょらい】

魚形水雷の略。水中を航走,敵艦船の水線下に命中爆破する海戦用攻撃兵器。特に潜水艦の有力な攻撃手段であるが,水上艦艇や航行機からも発射または投下できる。1864年オーストリア海軍のルピスが英国のホワイトヘッドの協力で初めて製作。
→関連項目駆潜艇対潜哨戒機対潜兵器特殊潜航艇P3C対潜哨戒機雷撃機

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょらい【魚雷 torpedo】

魚型水雷の略。爆薬を搭載した無人の水中航走体で,水中爆発により艦船を破壊する兵器。1864年オーストリアの海軍士官ルピスGiovanni Luppisが考案し,66年にイギリス人技師R.ホワイトヘッドが試作に成功,78年の露土戦争ではロシア軍の魚雷が汽船を撃沈している。魚雷発射管を搭載した水雷艇は1877年に登場,その脅威が増すとともに93年にはこれを排除する駆逐艦が生まれるなど,各国海軍の編成や用法にも影響を及ぼした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぎょらい【魚雷】

〔「魚形水雷」の略〕
頭部に爆薬を詰め、尾部にスクリューを装置した対艦船攻撃兵器。艦艇や航空機から発射・投下され、自力で水中を進んで命中・爆発するもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

魚雷
ぎょらい
torpedo

魚形水雷の略称。水中を自走し水上または水中の艦船を攻撃する兵器。艦艇や航空機から発射(投下)される。艦艇からの場合、甲板の魚雷発射管から空気圧で発射されると、エンジンまたは電動モーターを推進力として調定深度を高速で航走、目標艦に命中もしくは至近位置で爆発して致命的な損害を与える。対潜攻撃に使われる短魚雷と水上艦を攻撃する長魚雷とがあるが、現在多く生産されているのは短魚雷のほうである。1866年にイギリス人ホワイトヘッドRobert Whitehead(1823―1905)がオーストリア海軍のルピスGiovanni Luppis大佐と協力して完成した史上初の魚雷、ホワイトヘッド式魚形水雷は、自重136キログラム、直径35.5センチメートル、炸薬(さくやく)量8キログラム、圧搾空気を動力に速力6ノットで約600メートル走った。その後推進機関の改良によって日露戦争のころには速力30ノット、射程4000メートル、炸薬量数十キログラム。第一次世界大戦時には速力35ノット、射程6000メートル、炸薬量150キログラムに能力を向上させた。
 魚雷が開発されたことにより、砲戦主体の海戦に大きな異変を生じ、魚雷を装備した小艦艇で戦艦艦隊に対抗しようとする試みがフランスやロシア海軍を中心に芽生えた。こうして出現したのが水雷艇とよばれる新艦種だが、一方水雷艇の襲撃から主力艦を守るために(水雷艇)駆逐艦が生まれ、ここに近代海戦と艦隊の型が確立された。第二次世界大戦で魚雷は著しく発達し、とくに日本海軍が使った九三式魚雷(水上艦用)、九五式魚雷(潜水艦用)はそれぞれ速力49ノット・射程2万2000メートル、速力36ノット・射程4万メートルの自走能力を有し、各国の魚雷を性能的に圧倒した。
 戦後、対潜戦闘が海軍の主任務となったのに伴って、魚雷も潜水艦攻撃に使う型が主流を占めるようになり、馳走能力より潜水深度が問題とされることになった。最新の魚雷は水面下数百メートルの潜水艦を攻撃可能といわれる。アメリカ海軍が1976年に開発したMK48魚雷は、目標までの大部分の距離を発射潜水艦からワイヤーを通じて送られる方位信号により誘導され、途中で攻撃目標や捜索方法を変更しながら接近していくホーミング方式で、以後のモデルになった。誘導方法は、ワイヤーから情報を受ける有線指令方式のほか、音波・超音波誘導による自動追尾型があり、近年これが主流になっている。爆発信管には着発式と感応式とがあり、前者は命中衝撃により信管が作動して爆発、後者は近接目標艦の磁気に感応して爆発する。海上自衛隊の魚雷は1960年代までアメリカ海軍制式の供与が主流を占めていたが、やがて国産魚雷が登場するようになり、1980年代以降は89式長魚雷、97式短魚雷が開発された。また魚雷とロケットを組み合わせたアスロックAnti Submarine ROCketやイージス艦の垂直発射機(VLS)から高速ホーミング魚雷をうち出すタイプなどが就役している。[前田哲男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

魚雷の関連キーワードタイフーン級潜水艦甲・乙・丙型潜水艦オスカー級潜水艦アクラ級潜水艦魚雷艇母艦ASROCスクリューDASH空中魚雷量子魚雷TCCMASW哨戒艇魚雷艇TCM炸薬室核弾頭空雷射点回天

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

魚雷の関連情報