コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

M0方式 えむおーほうしき

世界大百科事典内のM0方式の言及

【船舶自動化】より

…しかし内容的には計算機によっての制御ではあるが,一つ一つの機能を自動化するという,いわゆる部分制御といってよい段階であった。主機および補機制御の自動化とマイクロプロセッサーの発達で,この段階で後述するM0(エムゼロ)方式の出現が見られるようになった。70年代の後半になると,マイクロプロセッサーが各装置の処理を受けもつ形で導入されてモジュール単位の自動化が進められ始め,船舶にもマイクロプロセッサーが多用化され始めた。…

※「M0方式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android