コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Majorinus Majorinus

世界大百科事典内のMajorinusの言及

【ドナトゥス派】より

…4世紀に北アフリカで起こったキリスト教の分離派で,ドナトゥスDonatus(355没)が最初の指導者。カルタゴの司教メンスリウスMensuriusの死後,カエキリアヌスCaecilianusが選ばれたが,彼を叙任したフェリクスFelixはディオクレティアヌス帝の迫害のときに裏切り行為があったという理由で,ヌミディアの70人の司教・司祭が反対し,この叙任を無効としてマヨリヌスMajorinusを立てた,という二重選挙があった(312)。後者を支持する人々は,まもなく死んだマヨリヌスのあとにドナトゥスを立てるとともに,カルタゴの殉教者キプリアヌスの権威をかかげ,迫害の際に信仰告白をこばんだ聖職者の執行するサクラメントは無効であると宣言した。…

※「Majorinus」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Majorinusの関連キーワードドナトゥス派

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android