コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Maran,R. MaranR

世界大百科事典内のMaran,R.の言及

【アフリカ文学】より

…教会の検閲にもかかわらず,モフォロの《東方への旅人》(1906),《チャカ》(1925)などにはキリスト教批判,都会的価値の否定,アフリカ人の疎外感が埋め込まれている。 アフリカ系黒人作家による西欧近代への反逆の嚆矢(こうし)は仏領マルティニク出身のマランRené Maran(1887‐1960)の小説《バツアラ》(1921)である。彼は実際の見聞から仏領赤道アフリカの白人社会の退廃を批判し,現地住民の悲惨を訴え,植民地化事業の欺瞞を暴露した。…

※「Maran,R.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Maran,R.の関連キーワードオルス

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android