コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Maxy,G. MaxyG

世界大百科事典内のMaxy,G.の言及

【シルバーストン曲線】より

市場構造の一つの決定要因として重視されるのが,大規模生産の経済性である。イギリスの自動車産業を対象として,イギリスの経済学者マクシーGeorge MaxyとシルバーストンAubrey Silberstonは,自動車生産台数と平均費用との間には一つの顕著な関係が存在することを1959年に指摘した。すなわち,生産台数が増加するにつれて平均費用は低下するが,そのような傾向は10万台の水準まで明白に存在し,それ以上生産が増加しても平均費用はほぼ一定という関係がある。…

※「Maxy,G.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Maxy,G.の関連キーワードシルバーストン曲線

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android