コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Moorcroft,W. MoorcroftW

世界大百科事典内のMoorcroft,W.の言及

【中央アジア探検】より

…とくに西トルキスタンでは,19世紀になるとロシアがブハラ,ヒバ,ホーカンドの3ハーン国への侵略を目ざしたので,インドを植民地とするイギリスはこれを最も恐れ,その情勢を探るため何人もの探検家をこの地方に送りこんだのである。ムーアクロフトWilliam Moorcroft(1765?‐1825),バーンズAlexander Burnes(1805‐41),ストッダートCharles Stoddart(1806‐42)らの探検はいずれもその好例であるが,この時代には現地人との紛争から非業の最期をとげた探検家が少なくない。第2は,この地方が考古学資料の宝庫だったことである。…

※「Moorcroft,W.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone