Moorcroft,W.(英語表記)MoorcroftW

世界大百科事典内のMoorcroft,W.の言及

【中央アジア探検】より

…とくに西トルキスタンでは,19世紀になるとロシアがブハラ,ヒバ,ホーカンドの3ハーン国への侵略を目ざしたので,インドを植民地とするイギリスはこれを最も恐れ,その情勢を探るため何人もの探検家をこの地方に送りこんだのである。ムーアクロフトWilliam Moorcroft(1765?‐1825),バーンズAlexander Burnes(1805‐41),ストッダートCharles Stoddart(1806‐42)らの探検はいずれもその好例であるが,この時代には現地人との紛争から非業の最期をとげた探検家が少なくない。第2は,この地方が考古学資料の宝庫だったことである。…

※「Moorcroft,W.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android