コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中央アジア探検 ちゅうおうアジアたんけん

1件 の用語解説(中央アジア探検の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうおうアジアたんけん【中央アジア探検】

中央アジアは大別して東トルキスタン西トルキスタン分かれる。この両地域は,地理的にも政治的にも長く西欧の触手の伸びない地帯であったが,19世紀に入ると帝政ロシアが南下策をとるとともに,たちまち国際紛争の渦中に入り,多くの探検家の活躍舞台となった。こうした現象の原因は,要約すれば次の3点である。 第1はユーラシア大陸におけるイギリスロシア帝国主義的対立である。とくに西トルキスタンでは,19世紀になるとロシアがブハラ,ヒバ,ホーカンドの3ハーン国への侵略を目ざしたので,インドを植民地とするイギリスはこれを最も恐れ,その情勢を探るため何人もの探検家をこの地方に送りこんだのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中央アジア探検の関連情報