コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中央アジア探検 ちゅうおうアジアたんけん

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうおうアジアたんけん【中央アジア探検】

中央アジアは大別して東トルキスタン西トルキスタンに分かれる。この両地域は,地理的にも政治的にも長く西欧の触手の伸びない地帯であったが,19世紀に入ると帝政ロシアが南下策をとるとともに,たちまち国際紛争の渦中に入り,多くの探検家の活躍舞台となった。こうした現象の原因は,要約すれば次の3点である。 第1はユーラシア大陸におけるイギリスとロシアの帝国主義的対立である。とくに西トルキスタンでは,19世紀になるとロシアがブハラ,ヒバ,ホーカンドの3ハーン国への侵略を目ざしたので,インドを植民地とするイギリスはこれを最も恐れ,その情勢を探るため何人もの探検家をこの地方に送りこんだのである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

中央アジア探検の関連キーワードアルバート グリュンウェーデルスヴェン・A. ヘディンシュラーギントワイト兄弟フィンスターワルダーピョートル コズロフP. セミョーノフプルジェワリスキープロトケラトプスポール ペリオフェドチェンコロボロフスキー西州ウイグル東方見聞録ペフツォフスカイラー大谷探検隊スタインコズロフ大谷光瑞ヘディン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android