Moraceae

世界大百科事典内のMoraceaeの言及

【クワ(桑)】より

… クワは古代中国では,太陽ののぼる陽木として神聖視され,桑林で雨乞いしたり,桑林の社を聖地として歌舞や請子(子授け)の祈願がなされたほか,クワの空洞から神々や始祖が生まれたという伝説も多い。【飯島 吉晴】
【クワ科Moraceae】
 双子葉植物,約60属1500種を有する。木本まれに草本で,熱帯を中心に分布し,クワ,コウゾ,イチジク属の一部などの植物が温帯まで分布する。…

※「Moraceae」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android