コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Nīlakaṇṭha Nilakantha

世界大百科事典内のNīlakaṇṭhaの言及

【インド神話】より

…かつて海中から猛毒が現れ,世界を焼き尽くしそうになったとき,シバはそれを飲んだ。そのため,のどは焼け,青頸(ニーラカンタNīlakaṇṭha)と呼ばれるようになる。彼は天上から降下したガンガー(ガンジス)川を頭頂で支え,またその頭に新月を戴き,三叉の戟(ほこ)を手にする。…

※「Nīlakaṇṭha」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Nīlakaṇṭhaの関連キーワードシバ