コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六方礼経 ろっぽうらいきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六方礼経
ろっぽうらいきょう

初期仏教の在家の人間の生活規範を説いた経典。正しくは,『仏説尸迦羅越 (しからおつ) 六方礼経』。成立はかなり古いと考えられ,パーリ語の仏教経典のなかにも対応する経典があり,漢訳にも異訳がこのほかに3種存する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ろっぽうらいきょう〔ロクパウライキヤウ〕【六方礼経】

原始経典。1巻。中国後漢の安世高訳。バラモンの子尸迦羅越(しからおつ)が父の遺命により六方を礼拝していたところ、その姿を見た釈迦が、六方に父母・妻子・師匠・朋友・沙門・奴僕傭人を配して礼拝するよう説き、在家者の道徳を示したもの。尸迦羅越六方礼経。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六方礼経
ろっぽうらいきょう

仏教経典。1巻。後漢(ごかん)の安世高(あんせいこう)訳になる『尸迦羅越(しからおつ)六方礼経』の略。パーリ本の長部経典31『シンガーローバーダ経』Sigalovda-suttantaに相当。バラモンのシンガーラカSingalakaが亡父の言いつけに従って、毎朝ただ六方を意味なく拝んでいるのを見た釈迦(しゃか)が、その非を諭し、六方のそれぞれに父母・師長・親族・朋友・使用人・沙門(しゃもん)を配して礼拝(らいはい)することを教え、それを中心に在家者の実践すべき仏教倫理を説いた経典として有名。[石上善應]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

六方礼経の関連キーワード初期仏教

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android