コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Nete Nete

世界大百科事典内のNeteの言及

【ベルギー】より


【自然,地誌】
 ベルギーの地形は全体として平坦であるが,国のほぼ中央を東西に貫くサンブル=ムーズ川の流域を境に,北部のフランドルやケンペンKempenの低地と,中部の丘陵地,南部のアルデンヌ山地に分けることができる。北部は,スヘルデ川(およびその支流のレイエLeie川,デンデルDender川,ネーテNete川,リューペルRupel川)の流域で標高100m以下の低地が広がる。土質は河岸に粘土の沖積層がみられるほかは,オランダ南部から続く洪積層の砂質で,一部に砂質・粘土,砂・黄土が見られる。…

※「Nete」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Neteの関連キーワードペブスナー(Nikolaus Bernhard Leon Pevsner)ドライヤー(デンマークの映画監督)シチズンファインテックミヨタアシザワ・ファインテックエチレンジアミン四酢酸キヤノンファインテックフィルム・アーカイブリンコンデルボネテ湖ブラスコ・イバニェスノルドストリョームティーンエージャーサイバネティクス黙示録の四騎士トレベリアンスペイン演劇二星扁芥虫フォーゲルオーウェルT.O.Pエイブリー

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android